【岡山市で50年以上愛されている味】えびめしや

スポンサーリンク

こんばんは(*’ω’*)

相方は県外の人なのでいる間になるべく岡山のものを食してもらおうと、『えびめしや』万成店に行ってきました。

多分岡山市内在住の人なら一度は行ったことがあると思います。

県外の人から見ると「なんの色これ」なご飯です。

現在えびめしやは、万成店・青江店・笹沖店の三店舗しかありませんが、昔は知ってるだけでもあと3店舗ありました。

一度は大阪にも進出したらしいんですけどね・・・。

昭和41年に奉還町で創業以来地元の人に50年以上親しまれている味です。

わん子えびめし久しぶりに食べたけど、やっぱり美味しいなと思います。

ただ、久しぶりに行って「全店こんな感じなら店舗が減るのもわかるな・・・」と思いました。

それは後程言うとして、早速ご案内を(●´ω`●)

金曜の夜は意外にお客様少ないです。

水色にペイントされたドアをくぐると、右側にどこか懐かしさを感じる食品サンプルが置いてあります。

店内市場の奥の席から見た風景はこんな感じ。

靴を脱いで上がる座敷が5座席と、4人掛け2テーブル、2人掛け6テーブル、カウンター席8席あります。4組くらいのお客様が来られてました。

メニューはこんな感じ。

あと、冬季限定で変わったメニューもあります。

ふなめしです。

岡山県南部では食べられている(らしい)郷土料理のようです。

わん子岡山県南部育ちですが知りません。でもスーパーに行くと確かに冬になるとフナのミンチが置いてあります(笑)怖くて買ったことありませんが・・・

わん子が頼んだのはカニクリームコロッケプレート。

相方はチキン南蛮プレートを頼みました。

えびめしを食べに来たからね!!

ふなめしはまた今度で(*’ω’*)多分ね。

最初にスープが出てきます。

スポンサーリンク

ebishi?

気にせず食べます。

スープは美味しかったですよ!

続いてメインのプレートがやってきます。

わん子のカニクリームコロッケプレート。

相変わらず茶色いごはんです。上に錦糸卵が乗っています。

以前県外からヘルプで来ていた美容師さんに「ご飯の色じゃないから怖くて食べれなかった」と言われたえびめし。

色の正体はソース。でもソースはソースでもウスターソースでもなければお好みソースでもないしデミグラスソースでもありません。

例えようのない味なのですが少し甘めでスパイシーなソースです。

カニクリームコロッケも、冷凍なのかもしれないけど冷凍食品とは違うちゃんとおいしいカニクリームコロッケでしたよ。

そして添えられているのはレタスとコールスロー。

昔からある洋食屋さんって感じのプレートです。

相方のチキン南蛮プレート。

チキン南蛮にかかているソースもちょっと変わってました。

オーロラソースのようなものに玉子とピクルスが入っているそうです。

新しい味に相方もワクワクしながら食べていました。

どうやら気に入ってくれたようです。

食後に暖かいお茶も出てきました。

えびめしが少しスパイシーなので食後に暖かいお茶を飲むとすっきりとして、これはポイント高いです(*’ω’*)

さて、残念なのが接客。

厨房2人、ホール3人いたのですが、全員暗い!!

というか、声が聴きとりづらいくらい小さい。そしてテンションがお葬式(笑)

食べログを見ても、「接客が残念」と書かれているのでいつもこんな感じなのでしょう。

これだけの人数が居て従業員に活気がないとお店の居心地がかなり悪いです。

口コミで書かれているのに改善されていない点を見ると、従業員教育に力を入れていないのかと。

そんなわけで店舗が出来てはつぶれていったのも納得。

わん子はそんなことはどうでもいいのですが、「名物」ののぼりを立てている以上県外から来た人に「岡山の店の店員態度悪い」と思われるのはいやだなぁと思います。

なんとか改善してほしいですね(-_-;)

ちなみに岡山の味とうたっていますが、こちらのえびめしの元祖は東京だそうです。

渋谷あるカレーハウス「いんでいら」ののれん分けで何度も試行錯誤を重ねて岡山の人に愛される味に変化していったらしいデス。

だからしぶやのお店とは味がちがうようですよ(*’ω’*)

渋谷の味を知っている人にもぜひ食べて比べてもらいたい!

岡山市内のスーパーにはこんなものも売っています。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。