青佐鼻海岸(おおさばなかいがん)に潮干狩り&穴ジャコ摂りに行ってきた

スポンサーリンク

こんばんは(*’ω’*)今日はいいお天気で日中は最高気温28度まで上がる海日和の日でした。

そんなわけで浅口市にある青佐鼻海岸まで穴ジャコ摂りに行くことにしました。

青佐鼻海岸

〒714-0101 岡山県浅口市寄島町青佐

干潮が15:20の予定なのでその時間に合わせてゆっくり家を出て海岸に着いたのは14時半ごろ。場所取りには丁度いい時間です。

駐車場に親切に穴ジャコが取れる場所が書いてありました。

綺麗な景色です。人もあまり居なくて競争率低そう!穴場なのかな。

三郎島も見えます。ぼーっと過ごしたい。

着た時間の頃はこれくらいの人でした。

少ない!けど、なんかガチ装備の人が居ます!

干潮の時間が近づくにつれてどんどん人が増えてこの状態に!

長靴率高いです。が、ここの砂浜、実は・・・

こんなヘドロ状。これが水を含むとどうなると思いますか?

相方の脚です

この状態。水を張った水田のようです。当然長靴は埋まります・・・。そして抜けません( ´∀` )

恐怖でしかありませんでいたよ、わん子には。

砂浜を少し掘ると穴が出てきて、その穴に太い筆を入れるとその筆に穴ジャコが攻撃を加えるので釣りあげられるらしいです。

早速、熊手とスコップで砂を掘っていきました。

色んな生物が出てきました。

どうやら横穴の空気穴は魚が隠れているということだけはわかりました。かわいそうなので水のある所にポイっ。

ほどほどに穴掘りを楽しんだ後、足がドロドロになったので砂浜の方へ移動。波打ち際を歩いて行くと脚はきれいになっていきます。砂浜の方はヘドロではない。でも水草は多かったです。この時期だけなのかな?

スポンサーリンク

穴ジャコの摂れる場所を背に砂浜を歩いていくと岩場に行き当たります。

こちらで潮干狩りをしている人もいました。

そこで相方が見つけてきたのがこちら。

なんか腕だけやたらとデカいカニ。怒って熊手に攻撃しています。

そんなこんなで約一時間の海辺の散策は終わりました。

あれ?何しに来たんでしたっけ??

あさりや穴ジャコはとれなかったですよ、はい。というか様子を見ていた感じだと誰もとれていないかな。きっとゴールデンウイークに取りつくされたのかと。

まぁ楽しめればそれでいいんです!

さてそんな今日の晩御飯ですがなんと!

あさりのバター蒸し。

帰りに寄ったスーパーで熊本産のあさりが100円だったので(*’ω’*)

材料(2人分)

あさり 1パック

バター 大さじ1

酒 大さじ1

ネギ 適量

作り方

①ボウルに水を張って濃いめの塩水を作り、あさりを入れて砂を吐かせる。(30分以上)

②あさりをザルにあげ、さっと洗う。

③フライパンにあさりを入れて中火にかけ、酒とバターを入れて、煮立ったら蓋をして貝が開くのを待つ。

④ネギを振って完成。

美味しかったですよ!遠くの海で誰かが取ったあさり( *´艸`)

教訓:潮干狩りは4月の終わりに行くべし

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。