【レシピ】アップルカスタードパイ

スポンサーリンク

こんばんは(*’ω’*)暖かくなったり寒くなったりと忙しい季節ですね。

今日は色々あってお尻が筋肉痛です。立ったり座ったりが一々痛くて一瞬動きが止まってしまいます。

ほんとは、今日刺身のサクを買って帰って明日燻製にしようと思っていたのですが、きっと明日は筋肉痛がさらにひどくなっているだろうと思って今週の燻製はお休みにすることにしました。←自分に甘い

さて、リンゴの季節ではないですがリンゴって年中売ってますよね(*’ω’*)

生のリンゴはあまり好きではないのですが、火の通ったリンゴは大好きです。

そしてリンゴとカスタードって合いますよね!

相思相愛です(*’ω’*)

材料(4つ分)

リンゴ 1個

砂糖 大さじ1

パイシート 2枚

パン粉 大さじ4

【カスタードクリーム】

牛乳 150cc

砂糖 大さじ1

小麦粉 大さじ1

バニラエッセンス(お好みで)

作り方

①リンゴの皮をむいて8等分し、1cmくらいの厚みに切る。

オーブンを200℃に予熱しておく。

②耐熱容器に入れて砂糖大さじ4をまぶし、ラップをせずに電子レンジの600wで4分加熱する。

③カスタードクリームの材料をよく混ぜ、濾しながら耐熱容器に入れる。

濾し網の中に白身や溶け切っていない粉が残るかもしれないけど少しくらい大丈夫なので捨ててしまってください。

④ラップをせずに③を電子レンジに入れ、600wで3分→取り出して混ぜる→600wで3分→よく混ぜるとカスタードクリームが出来るので、お好みでバニラエッセンスを2滴加える。

⑤パシートを半分に切る。

⑥ココットにパイシートを入れて底にフォークで適当に穴を空け、パン粉を大さじ1ずつ入れる。

スポンサーリンク

⑦カスタードクリーム、リンゴの順に盛って予熱したオーブンで20~25分焼くと完成。


りんごって世界で25000以上の品種が栽培されているのご存知ですか?

スーパーでも見かける種類が増えてきたとはいえ25000種には程遠いですね。スーパーで見かけるのは、ふじ・津軽・王林・紅玉・ジョナゴールド・陸奥あたりでしょうか。

幻のりんご『高徳』はご存知ですか?

1985年に品種登録以降、驚きの蜜入りんごでありながら小玉で色づきも悪く、品質にもバラつきがあったことから、やがて市場から敬遠され、栽培者も激変し、消滅寸前にまで追い込まれました。それゆえ長い間市場に嫌われ続け「幻のリンゴ」と言われてきたのです。

山形 味の農園 より

甘みが強くて蜜のたっぷりなことから希少価値の高い高級な蜜入りリンゴとしてここ数年脚光を浴びています。多いものでは果肉の8割以上が蜜の部分になることもあって、地元では”はちみつりんご”の愛称もついているそうです。

栽培が難しく生産量が少ないので、なかなか市場には出回らないリンゴです。

幻と言われると食べてみたくなりますね(*´▽`*)

コメント

  1. アップルカスタードパイ、大好物の1つです‪∧(ᵒ̴̶̷̤⌔ᵒ̴̶̷̤)‪∧✨
    スゴイ!!!!
    めちゃくちゃ美味しそうです‎♪( ◜௰◝و(و ”

    高徳の味にも興味津々です٩(๑^0^๑)۶

    • わん子 より:

      コメントありがとうございます!
      高徳きになりますよね!光を当てると透けて見えるらしいですよ、高徳。やってみたい・・・(*´▽`*)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。