【レシピ】豚バラと大根の炊き込みご飯

スポンサーリンク

こんばんは(*’ω’*)

今日のご飯は豚バラの炊き込みご飯。

豚バラって脂が多いからコッテリした炊き込みご飯になるのかなぁ、と思っていたら全然そんなことなくてアッサリ!

実は豚肉の脂って体にいいんですよ。オレイン酸やステアリン酸が多く含まれているので、発癌の抑制や生活習慣病の予防、年齢と共によく耳にするようになる抗酸化作用まであります。

また、オレイン酸が悪玉コレステロールを減らしてくれ、ステアリン酸が善玉コレステロールを増やして血中コレステロールを下げてくれる働きをします。

なんとも至れり尽くせりです。

また、肌のくすみや肌荒れ、保湿にも効果があります。

特に30代、40代と年を重ねるごとに喉から手が出るくらい欲っしてしまう栄養素ですね!

材料(2合分)

豚バラブロック 100g

人参 20g

大根 70g

ネギ 1/4束

米 2合

大麦 大さじ1

☆酒 小さじ1

☆醤油 小さじ1・2/3

☆塩 小さじ1/4

☆みりん 小さじ1/2

☆水 360cc

☆鰹だし(粉末) 小さじ1

作り方

①人参と大根と5~8㎜くらいのさいの目切りにする。

②豚バラ肉を大根の2倍くらいの大きさに切る。

③米を洗い、お釜に米、大麦、材料☆を入れてザっとまぜ、①②を上に乗せて炊く。

スポンサーリンク

④炊いて蒸らし終わったらネギを散らし、混ぜたら完成。


このレシピちょっと味が薄めなので調味料2倍に増やしても大丈夫かも。

わん子は少し薄味が好きです。

ところで豚といえば『3匹の子豚』ですが、ご存知の三匹の子豚って誰々生きてました?(笑)

というのも、最近の絵本では3匹の子豚も狼も死なないようです。

昔は『3兄弟の豚が建てた家(長男は藁の家、次男は木の家、末っ子はレンガの家)を狼が順番に吹き飛ばして回り、次々に食べていき最後のレンガの家で吹き飛ばすことが出来ず煙突から侵入して鍋で煮てられて逆に末っ子豚に食べられる。』という話でした。

それより少し新しいと、吹き飛ばした家から子豚は次々に次男の家→末っ子の家と逃げていき、最後はやっぱり狼を食べる、という話だったと思います。

最近では狼も熱湯で大火傷を負うが、それで懲りて乱暴を止めた狼と子豚の兄弟が仲良くなる、というストーリーが主流のようです。

いや、でも狼って肉食だしさ。豚肉はこんなに美味しいのに・・・。と思いませんか( ´∀` )

そんな可哀想な狼と豚の立場が逆転した絵本『3びきのかわいいオオカミ』が密かな人気です。大豚の暴挙が凄いし凄い悪い顔してるし、おおかみの技術力も凄いし!最後が意外な展開で・・・。いやもうそれ花っていうか、ある種の草なのでは・・・。←

これは子供だけじゃなく大人も楽しめる絵本です。

絵本ナビで全頁無料で読めるので是非一度読んでみてください。絶対誰かに送りたくなるはずです!

ご購入はこちら⇓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。