【レシピ】山口県の山賊焼き【甘辛いタレとピリッと効いたコショウが食欲をそそる】

スポンサーリンク

こんばんは(*’ω’*)

『山賊焼き』をご存知ですか?

わん子は3年くらい前に山口の『いろり』で食べて初めてその存在を知りました。

いろりは、風情のあるお祭り会場のようで楽しかったですよ( *´艸`)

お近くに行かれた際はぜひ!

ところで、今回調べて分かったのですがどうやら山賊焼きと呼ばれるものはは長野県と山口県にあるらしく、それぞれ別の食べ物のようです。

長野県のものはニンニクやタマネギを効かせた醤油タレに漬け込み鶏もも肉に、片栗粉をまぶして油で揚げたもので、山口県のものは骨付き鶏もも肉をニンニク風味の照り焼き風のたれに絡めてあぶり焼きにしたもののようです。

今日は骨付き鶏を用意していないので(というかごみが出るのが嫌なので)、骨のない普通のもも肉を使います。

材料(1人分)

鶏もも肉 1枚

★三温糖 大さじ1

★みりん 大さじ1/2

★醤油 大さじ2

★酒 大さじ1

★ニンニク(すりおろし) 大さじ1/2

★生姜(すりおろし) 大さじ1/2

塩 少々

粗挽き黒コショウ 少々

作り方

①オーブンを200度に予熱しておく。

②鶏もも肉をフォーク等で刺して筋切りし塩コショウで下味をつける。(コショウを多めにつけておく方が仕上がったときにピリッとコショウの風味が残ります)

久しぶりの100均ネギカッター登場。これを刺してブスブスと穴を開けました。

②スキレット(ニトスキ15cm)に皮面を上にして②に置きオーブンで20分焼きます。

③焼いている間にボウル等に★の調味料を合わせておきます。

④焼けたら②を取り出して③に漬ける。オーブンをもう一度200度に予熱する。(予熱が終わるまで時々裏返しながら漬けておく)

この時点で肉汁が結構出ているので、これは取り除いて他の容器に入れておく。

スポンサーリンク

⑤予熱が出来たら④をスキレットにもう一度乗せオーブンに戻して5分から10分お好みの焼目が付くまで焼く。

⑥焼く間にボウルに残った漬け汁と除けておいた肉汁を鍋でとろみが出るまで煮詰める。

⑦焼けたら⑥をかけて完成。


写真で伝わりますか?

題名にも書いたけど甘辛いタレとピリッと効いたコショウが食欲をそそります!

山口で食べた山賊焼きは少し甘めのタレでしたが今日のはコショウとニンニクがいい仕事してます!

本家超えたんじゃないですかね(*´▽`*)ごめんなさい嘘ですスイマセン

ご飯が止まらないやつですよ(゚Д゚)ノ

是非お試しください!!

これ、燻製したらどうなるんだろう。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。