【レシピ】炊き立てチキンピラフ

スポンサーリンク

こんばんは(*’ω’*)

今日は相方の作った晩御飯です。

炊き立てのチキンピラフ美味しかった(*´▽`*)

ピラフはどうやらトルコ料理のようです。トルコ料理と言えば、世界三大料理ですね!ピラフ以外に、日本でも比較的食べられているトルコ料理と言えば『シシケバブ』『トルコアイス』『チャイ』くらいでしょうか。

世界三大料理であるフランス料理や中華料理に比べると、トルコ料理の日本への浸透率は低いですね。でもトルコは日本と同じように四季があり、日本とよく似た気候です。食べてみると案外日本人の口に合うものが多いんじゃないでしょうか。

材料(2合分)

米 2合

鶏もも肉 170g

人参 30g

玉ねぎ 50g

★生姜(すりおろし) 小さじ1/2

★固形コンソメ 1個

★酒 小さじ1

★塩 2g

★鶏がらスープの素 小さじ1/2

バター 大さじ1

乾燥パセリ(かざり)

作り方

①玉ねぎ、人参を粗みじんに切る。(同じくらいの大きさに)

②鶏もも肉は塩コショウを振ってフライパンで焼き、一口大に切る。

③米を洗って水を切り、土鍋(炊飯釡)に入れて水380㏄を入れ、★を入れて混ぜ、①②を上に乗せていつも通り炊く。(土鍋の場合は沸騰まで強火→弱火12分→火を止めて蒸らし15分)

④炊きあがったら、バターを入れて全体に具材が行き渡るように混ぜて完成。

スポンサーリンク


ピラフいぇーーーーい!!(*^▽^*)

美味しかったですよ!優しい味。焼き飯や炒めるチキンライスとは違った美味しさですよね。特にお米が。そうそう!チキンライスは『焼き飯』なんです。なんか、チキンライスって焼き飯のイメージないですよね。

昔、母がよく作っていたピラフには毎回オレンジジュースが入っていました。今思ってもなぜ母がアレにハマっていたのかワカラナイ。久しぶりに食べたいような、食べたら後悔するような・・・。COOKPADでさえ7つしかないぞ、オレンジジュースを使ったピラフ。

なんと驚いたことにみかんの生産量の多い地域ではオレンジジュースを使ったピラフや炊き込みご飯があるそうです。驚いたことに給食でも出ることがあるそう。愛媛県民である相方に聞いてみたら事実!「後から見て、へぇー入ってたんだ」と思うくらい違和感がないそうです。というか、なにかしら生産量の多い県の料理って地味に興味深い。思わぬところに思わぬものを使われていたりする。岡山もなにかそういうものあるのかな?

・・・そして、オレンジピラフは母の料理がおかしかっただけなのか。というか九州出身の母がどこで仕入れてきたレシピなのか、やはり謎。

スポンサーリンク

コメント

  1. わーお!
    ピラフの写真めっちゃ美味しそうです✨
    かつて…
    ここまで美味しそうなピラフの写真は…
    見た事ないです!!!!
    ∧( •̀∀•́ )∧✧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。