【レシピ】豚の喉軟骨の野菜炒め

スポンサーリンク

こんばんは(´・ω・`)

昨日に引き続きお肉の希少部位を。

今日は豚の喉軟骨です。ドーナツともいうみたい。豚バラ軟骨は割と目にするけど、喉軟骨はめずらしい(*’ω’*)ちなみに豚バラ軟骨もおいしいですよ!煮込み時間が難点だけど・・・・。

このノド軟骨は愛媛に行ったときに相方が買ってくれて冷凍していたものです。

これも安いですね!

実は以前業務用のスーパーで冷凍の喉軟骨を買ったことがあるのですが、獣臭くて食べられなかった・・・。国産だったか外国産だったかも覚えていないけど、きっと処理がマズかったのか、調理の際の下処理がマズかったのか・・・。もしくはもう・・・野生の豚だった←

豚肉の下処理の種類としては五種類ほどあります。

その1.塩もみ

その2.脂を取りのぞく

その3.小麦粉で洗う

その4.下茹でをする

その5.香味野菜と一緒に煮る

大体は魚や他の肉やホルモンと変わりないです。魚は血を抜いたり、ホルモンは揉みダレに漬けこんだりという方法もありますが・・・。

ちなみにこれだけ下処理の方法を書きましたが今回は何もしていません(*´▽`*)

材料(2人分)

豚のノド軟骨 120g

キャベツ 1/6

人参 1/2本

刻みネギ 適量

塩・コショウ 少々

作り方

①キャベツと人参を適当な大きさに切る。

②フライパンに油を敷き、中火にしてノド軟骨を炒める。

③ノド軟骨の表面に火が通ったらキャベツとにんじんを入れて混ぜて油を全体に行きわたらせ、塩で味を調える。

スポンサーリンク

④蓋をして5分くらい蒸し焼きにし、最後にネギとコショウを振り入れて完成。


ただの野菜炒めですが、豚の旨みもしっかり出ていてそれでいて食感は鮮度の良いイカのようです。美味しい(*´▽`*)臭くもない!

あの日食べたノド軟骨のあの臭みは何だったのか・・・。

豚のノド軟骨の料理例を調べてみると食べてみたいものがたくさんあったので一部だけですがご紹介しようと思います。

いつか作って(もらって)たべたいな( *´艸`)

これでカレー作ってみたらどうだろうか?塩コショウだけであれだけの味が出るのならきっと美味しいカレーになるはず!!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。