【レシピ】鶏もも肉のマリネ【暑い日にサッパリ】

スポンサーリンク

こんばんは(*’ω’*)

やっと梅雨らしく蒸し蒸しする一日でしたね。そろそろ夏バテ防止に体づくりをする時期です。夏バテを防止する栄養素は『タンパク質』『ビタミン(B群、C)』『ミネラル』です。とはいえ、今あげた三つ以外もバランスよく、より多くの食材を毎日の食事に取り入れることが大切です。

とはいえ、暑くなったり、急激な気温の変化等が起きると食欲が落ちてしまうもの。そんな時は食事に効果的にお酢を取り入れると案外食べられたりします。しかもお酢にはアミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

そんなわけで、今日はマリネを作ります。何を入れてもいいけど、今日は基本のマリネ液に鶏もも肉のガーリック焼きを浸けることにします。

材料(2人分)

鶏もも肉 1枚

塩・コショウ 少々

にんにく(チューブ) 5㎝くらい

片栗粉 大さじ2

玉ねぎ 1/2個

人参 1/2本

サラダ油

刻み葱や大葉、カイワレ大根等のトッピング 適量

【マリネ液】

お酢 100㏄

オリーブオイル 50㏄ (オリーブオイルの匂いが苦手な場合はサラダ油でも大丈夫です。もちろん他の油でも、液体の油なら何でもOK)

砂糖 大さじ1

塩 小さじ1

コショウ 適量

作り方

①マリネ液の材料を混ぜてバットに広げておく。

②玉ねぎはスライスし、にんじんを千切りにする。それらの野菜を①のマリネ液に浸けておく。

③鶏もも肉を半分に切る。

④鶏もも肉に塩コショウをしてニンニクを刷り込む。

⑤鶏もも肉に片栗粉をまぶす。

⑥フライパンに多めのサラダ油を敷き、強火にかける。

⑦フライパンが温まったら⑤を皮面から焼く。

⑧皮面に焼き色が付いたらひっくり返し、中火よりやや弱めにして蓋をし、5分そのまま待つ。

スポンサーリンク

⑨5分経ったらお肉が一回り位縮んでいることを確認したらもう一度皮面を下にして1分くらい待ち、表面をカリっとさせる。

⑩焼けたら熱いうちに②のマリネ液に浸ける。(表も裏も満遍なく浸かるように時々裏返しながら10分以上待つ)

⑪しっかり使ったら食べやすい大きさに切ってお皿に盛り、ネギ等をトッピングする。

鶏もも肉とマリネ液って合うんですよねぇ。もちろんささ身でも胸肉でも美味しいですよ!

そしてこれには禁断の技があります。恥ずかしいのですが・・・

もちろんそのままでもさっぱりして美味しいのですが、マヨネーズをかけるとまた別の美味しさが・・・・(/ω\)

まぁ、冷やし中華にマヨネーズをかけるのと同じ感じです!なんか酸味を残しつつもマイルドになるんですよね。マヨネーズは世紀の大発明だと思います(”◇”)ゞ

マヨネーズは18世紀半ばの現スペイン領で食べられていたもののようです。長い歴史ですね!18世紀なんて日本ではまだチョンマゲの時代。そのころもうマヨネーズがあったなんて・・・ね(´・ω・`)

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。