【レシピ】ジェノベーゼと明太子のパスタ

スポンサーリンク

こんばんは(*’ω’*)

マツコの知らない世界のたらこパスタの特集を観た時から食べたかったパスタ第二弾!

第一弾はこちら(明太子かるぼなーら【オーマイ】)

健康のことを考えたらそんなに頻繁に魚卵食べたらダメよね、と思って結構我慢したつもりが、まだ1週間しか経ってなかったわ。・・・まぁ気づいたのが遅かったってことで。

紹介されたパスタの中でカルボナーラの次に気になったたらことジェノベーゼのパスタ。これ気になりますよね?合うんだとは思うけど想像付かない。というか想像がついてもとりあえず想像通りか確かめてみたい。

ちなみに番組で紹介されていたたらことジェノベーゼのパスタには昆布茶が隠し味として使われているようなので、入れてみてもいいかも。わん子はすっかり入れ忘れたけど。

色々調べていてわかったのですが、どうやらあの番組を見て、たらこパスタ熱が沸騰したのはわん子だけではない模様。

まぁ、だってマツコさん美味しそうに食べますもんね・・・・。

昔はみのもんたさんが食の流行を作っていたけど、今はマツコさんのようです。きっとピッティもタラタラタラッコも大繁盛なんだろうなぁ。

ちなみに番組にも出てきたタラタラタラッコで使われている麺はシマダヤの冷凍めん(2.2cmらしいです)

ちょっとロットが大きすぎる( ´∀` )さすが業務用。

材料(1人分)

ジェノベーゼソース 大さじ1

明太子 1/4腹

塩・コショウ 少々

パスタ 100g

もみ海苔 適量

作り方

①たっぷりの沸騰したお湯で袋に書いてある規定通りパスタを茹でる。

(今日はレンジでパスタを茹でるタッパで茹でました。一人分だとこれがほんとに便利)

最近はお湯を注いで待つだけのタイプのあるようです。↓

②茹でてる間にボウルにジェノベーゼソースと明太子を入れてよく混ぜる。

スポンサーリンク

③茹で上がった麺をザルに上げてしっかり湯切りし、②のボウルに入れてしっかりと絡め塩コショウで味を調える。

(ジェノベーゼソースの塩加減の塩加減によって入れる塩の量が違うので分量は書いていません。ちなみにわん子は一つまみだけ入れました。)

④味が整ったらお皿に盛ってもみ海苔を盛りつけて完成。


匂い的には完璧にジェノベーゼパスタです。でもよく見ると結構明太子も見えています。

味はしっかり明太子とジェノベーゼ!これはなかなかの相性です。あっという間に食べてしまいましたよ。明太子なのでピリッとした辛さが存在を主張しますがたらこだとどうなんだろう?ちなみに魚卵特有の生臭さはジェノベーゼソースがいい感じに消してくれています。

これ多分シソのジェノベーゼソースで作っても美味しいだろうなぁ。和風な感じになって。

ジェノベーゼソースを買うなら、有名なところはこの2種類かな。

ちなみに今日のジェノベーゼは相方が自宅で栽培したバジルを使って作ってくれたもので、材料はバジル・塩・松の実・にんにく・オリーブオイルです。いつの間にかほとんど使われていて最後の一すくいでしたが。。。ここで使ってますね↓

【レシピ】モランボンの『手のひらピザの生地』でお手軽ピザ

またバジルを育てたら作ってくれるそうなので、次はチキンとか焼いてもらおう。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。