【レシピ】カリっとジューシーにチキンステーキを焼く方法

スポンサーリンク

こんばんは(*’ω’*)

食いしん坊のわん子です。

そう、私最近自分が食いしん坊なことに気づきました。

ブログサークルに登録してますが、他の方の食べ物のブログを見てるとガチブクマしてます。

だっていつかその県に行くかもしれないじゃないですか|д゚)

誰か県別の食べ物ジャンル別に色んな人のブログをまとめてくれないかなぁ・・・(笑)

さて、今日はチキンの皮をパリパリに、且つジューシーに仕上げるコツを(*´Д`)

美味しいですよね、鶏もも肉。大好きです!

うちガスコンロが一口しかないキッチンなので電子レンジのオーブン機能結構使いますが、

そんなときってどっちでも使えるスキレットって便利ですよね。

わん子はニトスキ使ってます。

安いし錆びたら新しいの買えばいいか、って思ったものの大事に使ってるおかげか今のところ錆びてません。使うたびに手入れをしているせいで愛情まで感じる今日この頃。名前でもつけようか・・・。

今日はお弁当用と晩御飯用をまとめて作るので19cmのほうを使いますが、もちろん15cm二つでもオーブンに乗りますよ!

材料(2人分)

鶏もも肉 1枚

付け合わせの野菜

オリーブオイル

バター

塩、胡椒 少々

粒マスタード 大さじ1

醤油 小さじ1

作り方

①鶏もも肉の筋切りをし、塩こしょうをする。

筋切りにはこれが便利ですよ!

100均のネギカッター!

これを肉に適当にブスブス刺すだけです(*’ω’*)

②スキレットに多めのオリーブオイルをしき、強火で皮面から順番に表面全体を焼く。その間にオーブンを250度(オーブンの最高設定温度)に予熱する。

この後オーブンで焼いたときになるべく肉汁が出てこないようにするためなので、全体的に焼いて蓋をするイメージで。

火を通すことが目的ではないので表面の色が変わればOK。

③オーブンの角皿に②を皮面を上にして置き、バターを乗せ20分焼く。

その時、付け合わせの野菜等一緒に入れる。

④皮を触ってみてカリっとなっていたら焼き上がりの合図です。カリっとさが足りないようなら延長してください。

スポンサーリンク

⑤焼きあがったら、一旦中身を取り出し、そのスキレットでソースを作ります。

具材を取り出すとき、下にたまった油はそのままに。

⑥具材を取り出したスキレットに粒マスタードと醤油を入れてひと煮立ちさせ、ココットに移す。

⑦スキレットをキッチンペーパーでさっと焼いて具材とソースを盛りつけたら完成。


今日は焼いている間に人参のグラッセも作りました。

材料

人参 1/2本

バター 大さじ1・1/2

砂糖 大さじ1/2

作り方

①人参を好きな形に切り鍋に材料全部と人参がかぶるくらいの水を入れ、強火で煮る。ひたすら煮つめる。

②煮詰まってきたら照りが出てくるので絡めて完成。


これね、ジャガイモの下側もカリカリになって美味しいですよ!

バターは燻製バターを使いました(*´Д`)

というか、燻製バターが使いたくてチキンステーキ作りました←

今日も美味しくて幸せです。。。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。