㈱久保田麺業の金久右衛門『大阪ブラックラーメン』を食べてみた

スポンサーリンク

こんばんは(*’ω’*)

今日の晩御飯は『大阪ブラックラーメン』です。富山ブラックなら聞いたことあるけど、大阪ブラックは初めて聞きます。金久右衛門というお店の箱入りラーメンです。『きんぐえもん』と読むらしい。うん。

店舗のホームページはこちら。食べログ3年連続大阪No.1と書いてありますが、Googleの口コミを見てみると、コメントを見る限りは美味しいと書いている人が少ないような・・・。店舗によって味にバラツキがあるのかな?

大阪のラーメンは不味いと広く海外にまで有名のようですがどうなんだろう。カップ麺にもなっているくらいのお店なので美味しいのかな?

裏面はこんな感じ。

原材料:めん(小麦粉、小麦蛋白、還元水飴、食塩、卵白、加工澱粉、酒精、かんすい) 添付調味料(しょうゆ、なたね油、鶏脂、食塩、ワイン、チキンエキス、砂糖、ゼラチン、香味食用油、香辛料、たん白加水分解物、粉末醤油、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、アルギン酸ナトリウム、酸味料、増粘剤(グァーラム)、タラガム、キサンタンガム、(原材料の一部に小麦、えび、大豆を含む))

中身はこんな感じ。

かなり太めの麺です。

この麺を沸騰したお湯に入れ、強火で30秒、中火で4分ほど茹でます。

スポンサーリンク

結構黄色い麺ですよね!

その間にラーメン丼に添付のスープを出しておきます。

真っ黒ですね!!

油は固まってないです。かなり袋から出しやすい。

これにお湯270mlを入れます。

そうこうしているうちに麺が茹で上がるので盛りつけて完成です。

写真よりはもう少し黒いです。でも麺はこのままの色かな。ちょっとクラゲの酢の物っぽい色の麺。太さは細めのうどんくらいです。ラーメンとしてはかなり太い麺ですね。

この太めの麺は濃いめのスープが絡んで美味しいです。シコシコとした弾力のある麺です。

スープを飲んでみましたが、濃いですね。ちょっと多分全部は飲み干せない味です。というか、飲み干したら健康診断に引っ掛かります、絶対。

後味が焦げっぽいのはなんででしょうか。出汁も全然深みのない浅い味。

人気店というだけあって、ただ濃いだけってわけでもないけど、他の「美味しい」と言われるラーメン店のスープと比べると・・・これはもったいない味だなぁ、と思う。もっと美味しくなるはずなのに。

これは再現度が低いのか、実際の店舗もこんな感じなのか気になります。

貰い物ですが、自分で買うかと問われると、「買わない」です。

スポンサーリンク

コメント

  1. かーと より:

    わん子さん、こんばんは!

    金久右衛門は闇雲な店舗展開を始めてから
    大阪内での評価などが急速に下落したのですよね;

    実際支店に関してはいい話を聞かないところが多いですし(;゚ω゚)

    なので今では本店を除けば食べログの上位に来ることはないですね;

    でも最初期の2店舗ぐらいの頃は支店も含めて優秀だったのですよ!

    今ではもう「金久右衛門」=大阪を代表するお店 という印象は薄いですが;
    でも2010年代前半ぐらいまでは本当にいいイメージだったのですよ!

    なんだかんだで金久右衛門出身の有名店って今でも多いですし!

    ただ自分は当時から「大阪ブラック」はそこまで好みではなかったですね;

    どうしても醤油が強めに出るので、ベースとなっている味が
    醤油にマスクされるような印象があったりしたのですよね!

    なので、醤油感の弱いゴールド系のほうが自分の好みでしたね!
    (金久右衛門は醤油の色でおおむね金・紅・黒系の3つがあります)

    ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)

    • わん子 より:

      かーとさんコメントありがとうございます!
      いつもながら詳しいご説明ありがとうございます(*´ㅂ`*)というか、わん子のブログより内容が濃い(笑)
      口コミを見てても金は気になりました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。