岡山空港で買える燻した『アレ』が激ウマだった!

スポンサーリンク

こんばんは(*´▽`*)久しぶりのブログ更新です!

今日はグラコロが食べたくてマックに行ったら長蛇の列だったので、なんとなく岡山空港に行ってきました。多分行くのは10年ぶりくらい。

今年、岡山空港の開港30周年を記念して愛称が『桃太郎空港』に決まりましたが、生憎の雨だったので写真も撮らず、中のお店を散策。

外出中はほとんど大人しく寝ていてくれる我が子のおかげで、どこのお店にも気にせず入れるので空港の中のどこかの店舗で食べようかな、と思ったけどとりあえずお土産物売り場を見ていたら気になる商品を発見!!

吾左衛門鮓 燻し鯖

燻し鯖!!

即座に相方に

わん子
ちょっと!これ見て!気になるよね?!なるよねっ?! 

という質問に見せかけたお昼ご飯決定報告でこれに確定。

あとは木村屋のパンとサンマルクのパンを適当に買って車の中で実食(”◇”)ゞ

いきなり中身公開!!

5切れ入ってます。

昆布が巻いてあるタイプのサバ寿司ですね!

この時点では特には燻香は感じないです。

5切れで1200円・・・。決して安くはないお値段です(´・ω・`)

あとはオリーブオイルとコショウミックス(黒・白・ピンク)が入っています。

ナイロンが巻いてるのでお寿司を崩さないように慎重に剥がしていただきます。

実食

口に入れた瞬間に微かに燻製の香りがしてきます。

噛みしめると久しぶりに感じる燻製の香りが優しく口の中に広がります。これくらいの燻香ならそんなに燻製に馴染みのない人でも抵抗なくおいしくお召しあがりになれると思います。

そして後味もしっかりと燻製。

これはかなり美味しい!!

続いてオリーブオイルとコショウをかけて頂きます。

さっきの何もかけていないサバ寿司よりも更に美味しくなっています!!

オリーブオイルをかけるなんて全く期待していなかったけど、食べてみるともうこの味が『完成形』という感じで、本当においしい!!

いやぁ、これ凄いわ。みんなに勧めたい。

まぁ、この美味しさを早く伝えたくて中身公開から書いたけどちゃんと余すところなく写真を撮っているのでご紹介。

パッケージと会社紹介

まずもう一度パッケージの蓋の部分を見てほしい。

写真では分かりにくいかもしれないけど、かかっているオリーブオイルのところはちゃんと質感の違う印刷がされていて、オリーブオイルがなんとなく強調されています。

側面にはお決まりの一括表示。

スポンサーリンク

反対側の側面には商品のこだわりが!

お酢は4種をブレンド(アップルビネガー、ワインビネガー、赤ワインビネガー、モデナ産バルサミコ酢)して使っているようです。

そのおかげか、食べた感じはツンツンしてなくてマイルドで食べやすいサバ寿司でしたよ!

燻製は桜チップで冷燻しているようですね。

この手間ならあのお値段も納得かもしれません。

底面には栄養表示が。

蓋を開けると、作った会社の歴史が書いてあります。

それを開けるとやっとサバ寿司が見えてきます。

ちゃんとおしぼりも入っています。

そして取り出したのがこちら。

ちなみに取り出した箱の底面にも・・・。

食べ方のこだわりが!!!

飛行機の中で食べることを考えると、暇だから全部しっかり読んじゃうかもなぁ。

さて、このこだわりのお寿司を作っている会社は、どうやら鳥取県にあるようです。(岡山じゃなかった・・・)

会社概要

社名:株式会社 米吾

創業:明治35年

所在地:本社:〒683-0022 鳥取県米子市奈喜良248-4
TEL 0859-26-1511(代)  FAX 0859-26-1512

事業内容:JR西日本米子駅構内営業・各種折詰、弁当料理製造販売

なんとネットでも買えるようです!

というか、この会社なぜかカレーも売ってる(笑)

気になるわ。。。


久しぶりにブログを更新したけど、燻製出来るのはいつになるだろう・・・。

ブログのタイトルとサブタイトル変えたほうがいいな、うん( ゚Д゚)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。