【簡単レシピ】菜の花のわさび浸しと大根と大根菜のキムチ和えの作り方【常備菜】

スポンサーリンク

こんばんは(*’ω’*)

今日はこの時期に手に入る野菜で常備菜を2種類作ります。

菜の花はお好きですか?わん子は菜の花が大好きです。この時期しか食べられないものなので余計美味しく感じますよね!

菜の花の種類

ところで河原に咲いている菜の花とスーパーに並んでいる菜の花って違うと思いませんか?農林水産省のHPによると菜の花という特定の植物はなく、一般的にはアブラナ科アブラナ属すべての花のことを言うそうです。

河原に咲いているのは主に『セイヨウアブラナ』と『セイヨウカラシナ』です。またほかのアブラナと自然に交雑した種もあるようです。『セイヨウアブラナ』の葉は葉は丸くて葉が茎を巻き込むように付き、『セイヨウカラシナ』の葉はギザギザとしていて大根の葉に似ています。

ちなみにどちらもスーパーに売っている菜の花と同じように調理して食べられます。

スーパーに売っている菜の花は主に「菜花」や「花菜(はなな)」とも呼ばれるアブラナ科の野菜で、若くてやわらかい花茎や葉、つぼみを食用として売っています。

菜の花の調理法

菜の花は茹ですぎるとすぐにやわらかくなってしまいます。スーパーに売っている菜の花位の太さだと茎の太い部分は沸騰したお湯で1分葉の部分で30秒くらい茹でます。

茎の太さが違うので半分に切る

沸騰したお湯に塩一つまみを入れまず茎の方を入れ、30秒後に葉の方を入れてゆでる。

茹で上がったらザルでしっかり湯を切り冷水にさらす

これをお浸しにしたり、マヨネーズや辛子味噌と和えて食す。

菜の花のわさび浸し

密閉容器にしっかりと絞った茹でた菜の花を入れ、麺つゆ(4倍濃縮)とわさび(チューブ)をお好みの量入れてふたを閉めてしっかり振ると完成。この状態で3~7日冷蔵庫で保管可能。

スポンサーリンク

大根と大根菜のキムチ和え

①大根を1㎝角に切り、葉はみじん切りにする。

②それぞれ塩を揉み込みボウルに入れて少し置く。(20~30分)

③水が出るので絞って味見してみる。塩辛いようなら水で洗い絞る。

④白菜キムチを千切りにして和えて完成。

保存容器に入れて冷蔵庫で3~7日日持ちします。

大根のキムチに比べると大根の食感が残っていて美味しいですよ( *´艸`)


どちらの料理も日が経つにつれて味が馴染んで変わっていきます。わん子は出来立てが好きですが一般的には3日目くらいが好まれる味だと思います。この時期にしか食べられないものなので是非いかがですか?

スポンサーリンク

コメント

  1. 菜花わさび浸し大好物なので、
    見た瞬間ヤバかったです!!!!
    ∧(💗Θ💗)∧(笑)

    大根のキムチあえも絶対美味しいですよね!!!!

    この神々しいビジュアルで不味かろうはずがないと!!
    ワタクシは断言するのであります!!!!
    ∧(🔥Θ🔥)✊(笑)

    • わん子 より:

      いつもコメントありがとうございます( *`艸´)
      美味しいですよねわさび!
      とりあえずなんでもわさび入れて見ます←

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。