INSTAX MINI LINK2で子供の思い出を残そう!誕生日プレゼントにぴったり!!

出産・育児

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

スポンサーリンク

こんにちは、わん子です。

我が家の子供が5歳の誕生日を迎えるということで、プレゼントを探していました。

去年の誕生日に、じぃじとばぁばから子供にカメラをいただいたのですが、自分で撮った写真をプリントアウトしたいという希望があったため、INSTAX mini Link 2をプレゼントすることにしました。

INSTAX mini Link 2を選んだ理由

子供でも簡単な操作で手軽に写真をプリントアウトすることを考えたら、候補は2つでした。

1つは今回購入したINSTAX mini Link 2。

そしてもう一つはCanonのミニフォトプリンターiNSPiC PV-223。

こちらの商品はポラロイドフィルムではなくシール紙なので子供も絶対好き。

比較ポイントを表にしてみます。

INSTAX mini Link 2Canon iNSPiC PV-223
サイズ91.9 mm × 36.4 mm × 124.8 mm約120×84×21.5mm
重量210 g (フィルム別)約177g(用紙を除く)
写真サイズ62 mm × 46 mm約50×76mmサイズシール用紙
電源リチウムイオン電池 (内蔵型:取り外し不可)充電式リチウムイオン電池(内臓)
印刷可能枚数(フル充電時)約 100 枚(フル充電から)約20枚(フル充電から)
無線通信方式Bluetooth Ver.4.2(BLE)Bluetooth5.0
インターフェースMicro USB ケーブルUSB Type-C(充電専用)
価格15,800円(税込)16,830円(税込)

どちらも一長一短ですよね。甲乙つけがたいです。正直これはもう好みの問題かなと思います。

結局我が家がINSTAX mini Link 2に決めたのは以下の理由からです。

  • 昔チェキを使っていたので馴染みがある安心感
  • 仕上がりの写真の好み
  • フィルムを取り扱っている店舗の多さ(手に入りやすさ)

INSTAX mini Link 2ってどんな商品?

INSTAX mini Link 2は、スマートフォンやタブレットと連携して使えるコンパクトなチェキプリンターです。

Bluetooth接続で簡単に写真をプリントアウトできるので、子供でも簡単に操作できます。

商品概要

  • 商品名  INSTAX mini Link 2
  • 発売元  富士フイルム株式会社
  • 価格  15,800円(税込)
  • サイズ  91.9mm × 36.4mm × 124.8mm (突起部除く)

商品の魅力やメリット

子供でも簡単に扱えるシンプルな操作性と、豊富なフィルムの種類が魅力です。

人気のシリーズなので使用するフィルム(INSTAX mini)もカメラ屋さんや電気屋さんで手軽に手に入ります。

また、インクカートリッジを交換する必要がなく、インク切れの心配もありません。

実際に使ってみたメリットとデメリット

プリントアウトには↓のアプリを使います。

instax mini Link
instax mini Link
開発元:FUJIFILM Corporation
無料
posted withアプリーチ

Amazon専用のAppStoreにはなかったです( ̄▽ ̄;)←実は子供のAmazonfireで勝手にやってもらう気でいた。

仕方がないのでmicroSDをカードリーダーでよんでiPhoneのアプリでプリントすることにしました。

これは安いので大丈夫(”◇”)ゞ

メリット

子供でも簡単に使える抜群の使いやすさ

実際に使ってみた感想としては、とても使いやすいです。

さすがに5歳の子供が一人で操作するのは難しいかな?と思ったけど一回教えたら普通に使えていました。オソルベシ現代っ子。

自分が撮った写真やお気に入りの写真を、プリントアウトできるのは嬉しそうです。

わん子の子
わん子の子

これプレゼントしたら喜ぶかな?

と、ワクワクしながら写真を眺めていました。

デメリット

プリントアウトされた画像が白飛びしやすい

正直、昔からFUJIは白飛びし易いって言われてたけど今もなのか・・・と思ってしまった。

とりあえず見てください。

スポンサーリンク

ちょっとガッカリしませんか?

元の画像もキッズカメラなのでそれほどよくはありませんがアイスの輪郭がなくなるほどではない(笑)

この写真をinstax mini Linkのアプリで適当に切り取ってプリントアウトしてみたら上のような写真になりました。

わん子
わん子

いや、でも20年ほど前でもここまでひどくなかったような・・・。

調べたらありました!!原因!!

多分同じ状況の方が少なくはないと思うので解決法を書いておきます。

お判りでしょうか。

初期設定では画質モードがNatural Modeになっています。

それをRich Modeに変更します。

プリントアウトした写真を比べてみます。

左がRichModeで右がNormalModeです。

はて、デメリットが解決してしまいました。

まとめ

買ってよかったです。

去年貰ったプレゼントのカメラもより一層大切になったし楽しくなったようです。

子供への誕生日プレゼントに、INSTAX mini Link 2を検討している方は、ぜひご参考にしてみてください。

わん子
わん子

ランニングコストどうするかな・・・

コメント