【商品レビュー】キッコーマン湯葉もできる豆乳鍋つゆを使ってみた【絶望】

スポンサーリンク

こんばんはわん子です。

今日は前にスーパーで見かけて気になっていたキッコーマンさんから発売されている『湯葉もできる豆乳鍋つゆ』を買ってみたのでレビューしようと思います。

原材料名:  豆乳(大豆(カナダ、遺伝子組換えでない)、砂糖、しょうゆ(小麦を含む)、かつお節・かつおエキス、食塩、昆布調味エキス/調味料(アミノ酸等)

 よく見る豆乳のマークが入っています。あの豆乳ってキッコーマンだったんですね。キッコーマンってお醤油のイメージしかなかったからなんで豆乳?と思ったけど、考えてみればどっちも大豆。

原材料もシンプルでいいですね。お値段は238円でした。定価は250円です。

パッケージの側面にレシピが書いてあったので、揃えられるものは揃えて作ってみようと思います。

今日使ったお豆腐はこれです。将軍様。

材料(2~3人分)

白菜  1/8個

白ネギ 1本

人参 1/2本

しめじ 1/2パック

豆腐 1丁

豚肉(薄切り) 2~300g

『湯葉もできる豆乳鍋つゆ』 1/2本

作り方

①鍋に豆腐を入れる。(崩れやすいから私は最初に入れる)

②野菜は適当な大きさに切って、残りの材料も全部鍋に入れる。(お肉は面倒でも一枚ずつちゃんとほぐして入れる)

③蓋をして火にかける。

スポンサーリンク

④失敗する。


失敗した。

沸騰させてしまった。(絶望

湯葉できません。(というか、分離

でも味は変わらないはず。(切望

味うすい。とても味うすい。

豆乳鍋ってもっとこう・・・まったりなイメージだったけど、これは味がとてもうすい。〆に麺類を入れるのは無理っぽい。というかうどんを入れてみたけど、うどんの風味をそのまま味わえました(?)。

これが分離のせいなのか、もともと味が薄い設定で、何かをつけて食べるのが標準なのかわからないけど、どうなんだろうか。

ちなみにパッケージにはちゃんと

※鍋つゆは煮立たせ過ぎないように火を加減してください。

と冷静に書いてあります。

そういえばレシピの上に湯葉の作り方も書いてありました。もしかして普通の鍋にすると湯葉できない・・・とか?

ちなみにパッケージに書いてあった湯葉の作り方は以下の通り。

鍋に「豆乳鍋つゆ」を入れ、中火で底が焦げ付かないように温めて保温状態にします。膜が張ったら箸で引き上げます。

まぁ、また買うかと聞かれると買わないかなぁ・・・。鍋つゆとしては安いほうだと思うから、好みに合えばリピしようと思ったんだけど残念。

とはいえまだ半分残っているので、次は前回レビューしたプチッと鍋 豆乳ごま鍋を使ってトロトロ豆乳鍋を入れてみよう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。