【レシピ】夏野菜のシーフードカレー【夏バテ防止に】

スポンサーリンク

こんばんは(*’ω’*)

急に夏が来たような暑さですね。今年は暑くなるのが遅かったとはいえ、やっぱり暑いのは嫌だ((+_+))それに、もう少し雨が降ってくれないと野菜の値段が高騰します・・・。

そんな今日は夏バテに備えて夏野菜を大量に食べられるカレーにしようと思います!

とはいえ、茄子はまだ高かったので、かぼちゃオクラ、ピーマンを使おうと思います。カレーは結構何を入れても大丈夫なので他の野菜を入れても大丈夫ですよ!

他の夏野菜はキュウリ、トマト、トウモロコシ、ニラ、ズッキーニ、ゴーヤ、ししとう等があります。岡山県産のズッキーニも出回り始めているので今が買い時食べ時かもしれません!

個人的には火の通ったキュウリは嫌いです。

夏野菜にはビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどを多く含む野菜が多いので、夏ばて防止にはもってこいの食材です。更に旬の食べ物は他の時期に比べ栄養価が高い傾向があります。

シーフードは冷凍のシーフードミックスを使います。冷凍シーフードミックスはしっかり解凍して使用することで臭みを抑えられるので、なるべく解凍してから使用するようにしてください。

材料(2人分)

シーフードミックス(えび・あさり・イカ) 100g

玉ねぎ 1/2個

にんにく 1片

かぼちゃ 1/8個

ピーマン 1個

オクラ 5本

カレールー(フレーク) 大さじ7

カレー粉 小さじ1

ターメリック 小さじ1/2

ガラムマサラ 小さじ1/2

レッドペッパー お好みの量

白ワイン 50cc

サラダ油

作り方

①ニンニクと玉ねぎは薄くスライスする。

 かぼちゃは一口大に切り、レンジで火を通しておく。

 ピーマンは半分に切ってヘタと種を取り除き、一口大に乱切りにする。

 オクラはヘタを取り3等分する。

②解凍したシーフードミックスをよく洗い、水けを切っておく。

④鍋にサラダ油を敷きニンニクを入れて弱火にかけ、ニンニクの匂いがするまで火を通す。

⑤ニンニクの匂いがし始めたら玉ねぎを入れて強火にし、透明になるまで炒める。

⑥玉ねぎが透明になったら②のシーフードミックスを入れて炒め、表面の色が変わったら白ワインを入れる。

⑦白ワインが沸騰して1分そのまま待ったら水を400㏄入れて一度沸騰させて、灰汁を取り除く。

スポンサーリンク

⑧灰汁を取り除いてそのまま3分煮て、カレールーと他のスパイス類をすべて入れてしっかりとルーを溶かす。

⑨フライパンに多めの油を敷き、ピーマン、オクラ、かぼちゃの順番に炒める。(全体に油が回ってお好みの焼き色が付くまで。)

⑩⑧のカレーに⑨の野菜を入れてひと煮立ちさせたら完成。


今日もご飯は麦ごはんです(*’ω’*) 麦飯の炊き方はこちら

腐ってもシーフード。いや腐ったら食べれないけど、冷凍とはいえシーフード。いい出汁が出るので鶏ガラを入れたりブイヨンを入れたりという手間がいらず、それでいて美味しい。

シーフード最高(∩´∀`)∩

ただね・・・エビがさ、もう少し大きかったらなぁ・・・って思わなくはないよね、うん。

カレー用のスパイスを今回は結構使用しましたが、どれも100均で手に入るスパイスばかりです。もちろんメーカーのカレールーだけでも十分美味しいですが、スパイス類を足すことで少し本格的な味になります。

使用したカレールーはこれです。

もちろん固形のカレールーでも大丈夫です。固形のカレールーで包装的には使いやすくておススメなのはこれ!

固形の一つづつが個包装になっているので、少量だけ使いたいときに便利!もちろん味も美味しいし(*´▽`*)

暑くなって食欲が落ちてもスパイシーなものって意外に食べれたりします。急な気温の変化で食欲不振や体のだるさを感じたら、試しにカレーを食べてみませんか?(ただし、胃が原因の場合は刺激物は控えたほうがいいです。)

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。