【レシピ】ブリのハンバーグ【塩加減の失敗なし】

スポンサーリンク

今日は帰りにスーパーによったらブリが半額だったので、ブリでハンバーグを作ろうかなぁ、と思い買ってきました!

半額シール大好き(∩´∀`)∩

ちなみに下のレシピは、ブリの部分をサーモンに変えてもおいしいですよ!

というか、サーモンでしか作ったことないのでブリは今回初です(笑)

ところでハンバーグって塩加減難しくないですか?

わたし、他の肉類は平気なんですけどハンバーグだけは塩加減あんまりうまくいきませんでした(´・ω・`)

でもある時、あ!!と思って塩の代わりにあるものを使うことで失敗しなくなしました。

そこも踏まえてレシピ書いていきます。

材料(普通サイズ4つ分)

ブリ 3切れ(皮は取り除いておく)

玉ねぎ 1個

パン粉 1/2カップ位

玉子 1個

味噌 大さじ1

マヨネーズ 大さじ1

酒 大さじ1

胡椒 少々

(生姜 適量)お好みで。入れても入れなくても大丈夫です。

サラダ油 適量

作り方

①玉ねぎを適当な大きさに切ってフードプロセッサーに入れてみじん切りにします。

(フードプロセッサーを使わない場合は普通に包丁でみじん切りにしてください)

②そこにさらに適当に切ったぶりを投入して攪拌してください。

(包丁の場合はひたすら切ってください。ペースト状になってくるので玉ねぎと混ぜて包丁の側面で返しながらひたすら切って上手に混ぜてください)

③ボウルに味噌、マヨネーズ、玉子、酒、胡椒の順に入れていきその都度混ぜてください。

そこにパン粉を入れ水分を適度に吸わせてください。↓これくらいになるようにパン粉を調整

④そのボウルにフードプロセッサーの中身を混ぜてよくこねてください。

スポンサーリンク

ここで生地が扱いにくいようならパン粉を足して大丈夫です。

⑤熱したフライパンに油を敷き中火~強火で適当な大きさに成形した④を焼いていきます。

最後のを置くころには最初のものに焼き色がついていると思うのでひっくり返して両面焼いてください。

(若干焦げやすいので気を付けてくださいね!心配なら中火でやると(ほぼ)焦げません)

⑥焼き色がついたら弱火にして蓋をし、4分蒸し焼きにしたら完成です。

★ソースはなににしようかと考えたけど、(もちろんそのままでも十分味がついてますよ)今回は照り焼きにしてみました。

照り焼きソースの材料(砂糖大さじ2、みりん大さじ1/2、醤油大さじ2、酒大さじ2、水溶き片栗粉適量)


見た目普通のハンバーグでしょ?|д゚)

子供が食べたらがっかりするやつですね(笑)

生姜入れるか迷ったけど入れませんでした。

ブリと生姜のあの感じも捨てがたいんですけどね・・・

匂いが気になる予感のある方は生姜を入れてください。

さて、最初に言った塩の代わりにいれたあるものがなんだかわかりました??( *´艸`)

マヨネーズじゃないですよ?

マヨネーズはハンバーグをふっくらさせるために入れてあるんです。

正解は・・・

お味噌です!!

日本人に生まれてよかった。

ハンバーグに味噌。結構入れ過ぎても平気ですよ(笑)

是非試してみてください。

ハンバーグにかけるものは大根おろしと大葉とポン酢とかも美味しいと思います。

ちなみに写真のハンバーグは大きいのが晩御飯で小さいのがお弁当用です。

小さいのは大きいのの半分くらいの大きさで6個出来ました。

ご参考までに( ´∀` )

フードプロセッサーって便利ですよね。

実はこのフードプロセッサーとはもう20年くらいの付き合いになります。

結婚するときも実家からもって行き離婚するときも忘れずにもって出ました←

多分カタログギフトで貰ったやつなんだけど、

「壊れたら買い換えよぉ(^^♪」

と思ってもなかなか壊れない・・・

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。