切迫早産で入院したアラフォー初産の出産!私の場合

出産・育児
Photo by Pixabay on Pexels.com
スポンサーリンク

こんにちは、わん子です。

妊娠が発覚してから長いような短いような妊婦体験を終え(いや実際短い)、無事可愛い女の子を出産できたので忘れないうちに記録がてらブログに残そうと思います。生々しくてそんなにきれいなものでもないので、読まないほうがいいかも?

妊娠が発覚したのが8月で出産が10月なのでたった二か月だし、ほとんどの日々を(切迫早産の為)病院で過ごしたので妊娠中の注意事項や体重管理等自分で意識しなくても病院で過ごすだけでなんとなく順調に妊娠期間を終えた気がする。ちなみに高齢出産については病院からはなにも言われなかったです。特に問題がなければ言わないのかな?

35週で一時退院

入院していたものの、リトドリンの内服薬と病棟内監禁と週二回の膣内洗浄だけで状態が悪化することもなく、また家も病院から近い(車で3分)こともあり退院を許されました。もちろん正期産である37週までは絶対安静なので家族の協力も必須です。

退院時の子宮頚管の長さは入院時(7mm)から変化なしです。

先生が

「まぁ、入院しなくても変わらなかったかもしれないですけどね・・・」

と、入院時のあの自信はどこへいったんだ?と思うような弱気な発言をしいていましたが、こればっかりは結果論なのでなんとも言えないですよね( ´∀` )

退院時助産師さんからは

「経産婦さんなら陣痛の感覚が10分になったら病院に連絡して来てもらうんです。初産なら5分で大丈夫なんですけど、わん子さんの場合は切迫気味なので間を取って7分くらいで来てください。」

と言われました。

あ、病院によって違うかもしれませんが、衛生の為お風呂はシャワーのみです。

前駆陣痛

37週の一日目の午後3時頃突然お腹が痛み始めました。一応痛みの間隔を計ってみると5分~15分を行ったりきたり。母親学級で習った陣痛の痛みの流れ(どんどん痛みの間隔が短くなっていく)とは違います。『これが前駆陣痛か。近いうちに産まれてくるんだな・・・』と、漠然と思いました。

いよいよ陣痛

37週の二日目。そう前駆陣痛の次の日です。なかなか教科書通りに進んでくれる身体です。

午後3時半頃昨日と同じような痛みが始まりました。今日も痛みの間隔の時間を計ります。

15分間隔くらいからわずか30分程で10分に。ちょっと進行が速い気がしますが、「陣痛始まったからとりあえずシャワー浴びるわ」と言ってシャワーを浴びました。

その間に晩御飯の用意をしてくれていました。ちなみに焼き鳥です。

陣痛の痛みに耐えながら、焼き鳥を食べたけど二本食べたところでギブアップ。ベッドで四つん這いになって陣痛の時間の間隔を計ってみると5分。この時まだ5時過ぎです。展開早い。

「ホントに5分になった!!!!」

と妙なことに感動しつつ、病院に電話を掛けました。退院時助産師さんに言われていた『7分』の時はタブン焼き鳥食べてた。

いよいよ病院へ

病院に電話をすると、とりあえず来てくださいということなので家族に送ってもらって病院へ。

直接産科の病棟へ上がって少し待たされたのち診察台で助産師さんに状態を見てもらいます。

「まだまだですね。どうしますか?一度家に帰りますか?」

と聞かれたけど、一回帰ってもう一度来れる自信ないくらい痛かったのに「帰ります!」なんて言えるわけない。というか、鬼か?

即答で帰ることを拒むと、そのまま分娩室に連れていかれました。本当はその前に陣痛室に行くみたいですが、その時はいっぱいなので分娩室へ、と言われました。そこで分娩台ではなく、その横に置いてあるベッドに寝転びます。

そこから程なくして陣痛の痛みが激しくなっていきました。それでも感覚が開くので思っていたよりはつらくない。

陣痛の感覚もいよいよ短くなってきたので、指示されて分娩台の上に移ります。(自力で)

手伝ってもらいながらパンツを脱いだら(というかほとんど脱がせてもらった)、お尻の下に大きなオムツのようなものを敷かれます。

子宮口全開

出産準備の合間に時々助産師さんが子宮口の確認をします。

そうこうしているうちに子宮口が全開に開いたようです。19時半頃でした。陣痛が5分おきになってわずか2時間ほどです。この時点で初産にしては順調すぎて逆に嫌な予感がしました。

子宮口が開くとイキミたくなります。

実際に経験するまではイキミがなんなのかよくわからなかったけど、勝手に体がいきもうとするから大丈夫!(なにが?)

イキミ逃し

でも実はまだイキんではいけません!なぜならまだ赤ちゃんの準備が出来ていないから!!

そう、まだ赤ちゃん子宮口まで来てくれていません。

「ここでイキむと赤ちゃんが苦しいからダメ!!」

って、助産師さんに叱られます。

そこでイキんで出てくるのは2人目の時からだから!って言われました。

でもね、体はイキもうとするのにそれを我慢するって凄く苦しいんです。苦しくて痛くて暴れて、点滴が抜けました。

しかも力入っちゃうからその度にお◯っこもう◯こでます。だってさ、分娩台乗る前に浣腸とかしないのね。だから力むと出る。そして出るたびに助産師さんが拭いてくれます。

それが5分弱くらいの間隔で訪れます。

そのイキミの波が来たときに助産師さんがお尻の穴の少し上くらいを押さえてくれるんですが、これをされると少し楽になるんです。

もうさ、そんな色々で出産後は助産師さんに頭上がらないよね!

その押さえるのは立ち合いの旦那さんも助産師さんの指導の下やらされてました。でもぶっちゃけ助産師さんの方が上手。(当たり前)あ、でも同じ日に出産した方は旦那さんのその手を『ゴッドハンド』と呼んでいたので人によるのかな?

子宮口全開から産まれるまで

出産前の母親学級でお産の流れは頭に入っていました。

その流れによると、『子宮口全開から産まれるまでは2〜3時間』。

苦しいながらも時計を確認して、

『あぁ、1時間経った。』

『まだあれから30分しか経ってない。』

『あと1時間これを乗り越えたら産まれるはず』

そんなふうに考えていました。

無情にも過ぎていく時間。

産まれるはずの3時間を過ぎて4時間が経った頃、

『もういい加減産まれるはず!』

と、イキんでみたらまた助産師さんに「まだイキんじゃダメ!」と怒られました。

もうお腹の中の我が子が早くおりてくるように祈るしかない‥‥

というか、ガンバレヨマジデ!!

とか思ったりしながら痛みとイキみ逃しに耐えつつ体力を極限まで消耗しきった翌朝の5時頃、助産師さんから提案がありました。

「先生と相談したんですけど、筋肉注射打って少し休んでもらって、出産する体力を回復させませんか?」

と。

私にはもう提案を断るだけの気力も体力も残ってないのでとりあえずそれでお願いしました。

これ人生初の筋肉注射です。

刺される前にご丁寧に「痛いですよー」と教えてくれます。

陣痛痛くてイキみ逃し苦しいのに更に痛いことするとか‥‥

「◯◯さん(助産師さん)が鬼に見える‥‥」

と、恨みを込めて口走ってしまいました。

いや、全くただの八つ当たりだけども、その場が和んだからよしとしよう。

注射のおかげか、少し眠ってしまいました。瞬間瞬間の深い眠りが何度も来る感じ。

そうしているうちに体力が少し戻ったのか、イキんでみます。

すると頭が少し出てくるのが分かります。不思議な感覚だけどどうやってイキめばいいのかもわかるし、赤ちゃんの頭を股の間に感じます。でもピロっと出かけてまた引っ込むの繰り返し。私の力が足りないのかな。

7時過ぎに先生が来て様子を見てから、手を入れて手伝ってくれます。その時に入り口(いや、出口?)を切られたようですが、痛くありません。事前に局所麻酔されるから大丈夫です。

「もう次のイキみで出しちゃいましょう。」

と言う先生の一声でみんなで一丸となって出産に挑みます。

体力も限界でした。最後は引っ張り出される感じでヌルッと出ました。

後で聞いた話ですが、旦那曰く「旦那さんからは見えないようにするから大丈夫ですよー。って言ってたけど、そこは血塗れだったし見えるとか見えないとかそういう次元じゃなかった。」らしいです。

まぁ出血多かったみたいですしね。

最初に泣き声を聞いた時は感動したというよりほっとしました。「あ、泣いてくれた」って。

とにかく無事に産まれてくれたことに安心しました。

スポンサーリンク

出産後

出産後、赤ちゃんに呼吸と心拍を確認する機械を取り付けます。その機械を取り付けた赤ちゃんを胸の上に乗せてくれました。カンガルーケアです。

そしてそのまま先生が出産のために切った会陰を縫合します。もちろん麻酔が切れかけているので痛い!痛い!出産の方がそりゃ痛いんだろうけど、この痛みは我慢できない痛みです。「痛い。」と言ったら励ましながら休み休みゆっくりと縫ってくれましたが、もう2度とやりたくない。

その後、本当はこのまま分娩室で2時間くらい過ごせるはずが、次の人の出産の為に早々に立ち退き指令が。

ベッドに乗せられたまま次の部屋に運ばれて行きました。

そこで別の助産師さんによって用意した下着や産褥パット、パジャマ に着替えさせられます。

そして記念写真を撮られたり、問診をされたりして過ごしたのち、家族で気が済むまで過ごす時間を貰えました。とはいえ、私の疲れを考慮して早々に家族は家に帰りました。

その後病室に案内されて(もうここからは自力徒歩)一通り注意事項を聞いた後、「下のコンビニに行ってきていいですか?」と聞いたら驚かれながらもOKが出たのでコンビニに行きました。(特に買いたいものがあったわけじゃないけど、とりあえずテンション上がって動きたかった。)でも、やっぱり出産直後なだけあって、ちょっとコンビニに行ったことを後悔するくらいの軽いしんどさはありました( ̄▽ ̄;)

そうそう!この出産で痔になって、入院中は座るのも辛くてずっと立ってご飯を食べていました。授乳中は流石に座らないと無理だけど、辛かった。円座なんてなんの役にも立たないくらい痛い。

と、まぁアラフォー初産の出産はこんな感じでした。終わってみれば14時間と初産としては平均的な時間で産まれましたが、過程がちょっと違う。入院中助産師さんに「あー、それしんどいやつだわ」て、言われました。

無事終わったからよかったけど、もう2度としたくない(笑)痛み忘れるって言うけど、忘れないようにここに記録しておきます。それと、「産後の会陰縫合と痔がこんなに辛いなんて誰も教えてくれなかった!」と思うので、知りたい方に知って欲しいから書きました。辛かった事と言えば、普通に母乳が出るまでのマッサージも痛くて辛かった‥‥

↓実際これに救われた。


余談ですが旦那さんが陣痛の時からずっと手を握ってくれていたのですが、後日

「あの時は、指が折れるの覚悟した。」

と言っていたくらいすごい握力だったらしいので、これから出産する人で気持ちに余裕がある人はぜひ握力計を持っていってほしいです。そして結果を教えてほしい。よろしくお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました